熊崎 寛子 2018-06-12T20:27:06+00:00
HIROKO KUMAZAKI

配車アシスタント

熊﨑 寛子

HIROKO KUMAZAKI

入社4年目

配車管理と気配りが
全体の流れを円滑に

運送会社での一般事務をしていました。入社後3年間は、前職の経験を活かし請求業務を担当していましたが、新しいことに挑戦したいと思い、自ら配車業務への異動を希望しました。そのとき、社長から「やれると見越して、やってもらうことに決めた。挑戦してみろ」と言われた言葉は、今でも覚えています。当社は、できないから諦めようではなく、できるようになるためにサポートしようという会社。運行管理の資格も会社負担していただき、取得することができました。

 
熊崎 寛子

入社後、どのように仕事を
覚えていきましたか?

取引先や関係する会社の名前を覚え、専門用語にも慣れるよう積極的に電話応対をしました。また、一つひとつの作業がその先にどう影響していくのか、仕事の流れや業務の役割についても先輩から教わりました。入社当初は分からないことばかりで不安でしたが、先輩や上司、乗務員さんはしっかりと丁寧に教えてくれるので、少しずつ成長することができました。わからないことも聞きやすい環境なので、安心して働けると思います。

現在の仕事は?

現在は各車両の1日のスケジュールを組む配車業務のアシスタントをしています。お客様から届いたオーダーを入力し、時間や数量などに間違いがないかチェックをしたり、お伝えした納入時間までに各車両が到着するよう運行状況を確認します。乗務員さんに渋滞情報などをお伝えする中で「ありがとう。時間通りに納入できたよ」という言葉をいただけると、達成感とやりがいを感じます。今の目標は、配車マンとして一人立ちすること!です。

熊崎 寛子

仕事するうえで、心掛けている事

日頃から乗務員さんに話しかけ、コミニュケーションを図るよう心がけています。位置確認を電話でする際も声の調子を聞いて、疲れているのかなと感じたときは「体調は大丈夫ですか」と声掛けをしたり、散髪に行かれた方を見かけたら面白おかしくイジってみたり(笑)。また、自分の業務をしながらもアンテナを張ることも大切だと思います。例えば、他の方が受けた電話も時間変更なのか、追加オーダーなのかを聞き取りながら、次に必要となる業務を考え、敏速に対応するよう心がけています。

会社の雰囲気は?

個々の役割を果たしながらも、お互いのことにも気を配り、補い合って働く職場だと感じています。お客様の要望に応えるために、それぞれの社員が一体感を持って業務にあたるので、自然とチーム意識が高まります。また、温かみのある会社だと思います。私が入社した当時は、まだ子供が小さかったため、急に体調を崩すこともありましたが、そんなときも「後は気にしなくていいから、早く行ってやれ」と言ってくれる上司や先輩がいます。子育てと仕事を両立できているのは、そういった優しさのある当社だからこそだと強く感じています。

皆さんが「入社して良かった」と思ってもらえるよう、サポートや指導をさせていただきます。少しでもLPガスに興味のある方やスキルアップしたいと思っている方であれば、やりがいを感じ、視野を広げていける職場です。一緒に頑張りましょう。

他の社員のインタビューを見る

Back to Top ↑